あのエレキの名曲の数々 そんなエレキギター全盛期の1960年代へタイムスリップしてみましょう♪

エレキインスト〜60年代〜視聴室♪ > エレキの修理 > 大失敗!注文間違い

エレキの修理

大失敗!注文間違い

 

amazonでペグを注文したのだが 注文間違いをしてしまい6連タイプの ペグを買ってしまった。 自分の注文間違いだし返品交換もできない。 しかたないので無理やり取り付けることにした。

元はただで拾ってきたものだから ダメでもともと。

そもそもエレキギターを不燃ゴミに出しても 引き取ってくれないはずだ。 エレキギターは粗大ごみになると思う。扇風機や椅子などは粗大ごみ扱いだし。

だめだったら金属部分を取り外して 本体はチェンソーや電動ノコギリでバラバラ にして処分すればいい。

合わないペグを無理やり取り付けようとしたが 新品のペグに付属していた ネジが折れ込んでしまった。 下穴をもう少し大きくして 手でねじ込んだがまた折れてしまった。 ネック裏に折れ込んだネジはどんなにしても 取り外せなかった。

素材は不明だがそうとう堅い木である。 仕方ないので残ったネジの飛び出している 部分をヤスリで削ってみたがなかなか平らにまでは できない。 そのまま上から古いペグを取り付た。

そんなことで新旧のペグが入り混じった とても不細工な仕上がりになってしまった。 でも幸いだったのはギリギリで 弦の通り道が干渉しないで済んだことだ。 新しい弦を張って始めて解っかったことだが。

 

 

そして新しい弦をチューニングして アンプにつないで鳴らしてみると これがまた自分好みのいい音色。 しかもネックの太さといい 弦の高さといい。自分にピッタリである。 私は手が小さいのだがしっくりくる。 

レスポールタイプのエレキギターを触りもせず 嫌っていたことをごめんなさいといいたい。

私は残念ながら指の怪我の後遺症で 左手人差し指が不自由である。 なのでコードがきれいに抑えられなくなっている。 このギターはコードも押さえやすいと 思われる。

そんなことで今自分が持っている 新品で購入した2つのエレキギターより はるかに気にいってしまった。

拾ってきた最初はそこそこの 音が出れば車庫内で暇つぶしに 弾いてみようと思っていた。 アンプで音が出なくてもいいと さえ思っていた。

それが今では一番のお気に入りで 毎晩弾いて楽しんでいる。 それまでは夏場のシーズン 月に2〜3回弾けば多い方だった。

コタツで過ごす冬の間は 冷たいので弾かなかったのだが。

エレキギターの中古は過去に 2回買ったがいずれもハズレで 友達にあげてしまった。

ギターは150年持つとも 言われているがエレキギターが 発明されて150年も経っていないだろう。

しかし、いい素材で作られている エレキギターなら電装パーツさえ 交換すれば十分持つだろう思う。 保管状況・使う頻度・使い方にも よるだろうけど。

今回は中古を買うのもアリだなと思った。

新品のフェンダーストラトキャスターUSA を買うのが夢だったんだけど。